初心者でも始めやすい、気になる膝のたるみを解消する太もも痩せの方法

モデルや女優のようなスラリとした足は、多くの女性の憧れだと言っても過言ではありません。美脚を手に入れたいと願う女性はそれぞれに足に関する様々な悩みを抱えていますが、何とかして細くしたいと悩むことが多い部位が太ももです。

特に太ももの膝上や膝周辺に脂肪が付いてしまい、たるんだ膝になっていることに悩んでいる女性は少なく無いでしょう。

膝のたるみは女性の大敵です

膝の上や周辺に脂肪が付いてたるんでしまうと、足全体が太く見えてしまいますし、体全体が太っているかのような印象を与えてしまいます。それだけではなく、たるんだ膝は実年齢以上の年齢に見せてしまうことが多く老けて見られがちです。

女性であればどちらも避けたいことなので、膝周辺に脂肪がついてしまった時は必死に太もも痩せを試みるのではないでしょうか。その際はなぜ膝上や周辺に脂肪が付きやすいのか、まずその理由を知っておく必要があります。

膝は毎日歩いたりして曲げ伸ばしをしている箇所なので、なぜこんなに脂肪が付きやすいのか疑問に感じる女性も多いと思います。まず膝に脂肪が付いてしまう一番大きな原因としては、運動不足とそれに関連して起こる筋肉不足があります。

運動不足と筋肉不足を解消しましょう

学生時代は運動に励んでいたような女性でも、社会人になるとその運動量は激減してしまうということが少なくありません。そうなると自然に筋肉も落ちて行ってしまいます。特に年齢を重ねていけばいくほどこの傾向は顕著になりますので、年齢を重ねた女性は膝がたるんでいるというイメージを持っている人も多いでしょう。

その原因のほとんどは運動不足で太ももの筋肉が落ちしまい、それにより支えられなくなった脂肪が垂れ下がってしまうからです。他にも足のむくみやセルライト、年齢を重ねることで皮膚の弾力がなくなっていくことなども原因になります。

ですが膝に付いてしまった脂肪を何とかしたいと思うのならば、運動不足を解消し筋肉を付けることが一番です。

筋トレやストレッチで美しい膝を手に入れましょう

運動不足や筋肉不足を解消するために非常に有効な方法が、筋トレやストレッチです。効果的な筋トレやストレッチを行うことで太ももを鍛え、膝のたるみを解消することが出来ます。ストレッチを行うと硬くなった筋肉を伸ばすことが出来ますので、筋肉に弾力性や柔軟性が出て来ます。

筋肉が柔らかくなると血液やリンパ液の流れが良くなりますので、冷え性の改善やむくみの予防にもなります。むくみも膝がたるんでしまう原因の一つですので、筋トレやストレッチでむくみを予防することも出来れば一石二鳥だと言えるでしょう。

そこで膝のたるみを解消するために、今すぐ筋トレやストレッチを始めたいと思う女性は多いと思いますが、どのような方法があるのか分からないという女性も多いはずです。

初心者が始めやすいスクワットから始めましょう

日頃の運動不足を自覚している女性が、いきなりハードで難しい筋トレやストレッチを行うのはあまりにも無謀だと言わざるを得ません。そのため最初は筋トレやストレッチ初心者でも気軽に始めることが出来る方法からスタートすることが大切です。

筋トレの代表的な方法の一つであるスクワットですが、最初は壁にもたれて行うと初心者でも挫折しにくくなります。まず足を軽く開いて背中を壁に付けますが、その際下半身は壁から少し離しておきます。背中だけ壁にもたれることを意識して、そのままゆっくりと腰を落としていきましょう。

膝の角度が直角になったところでストップして、その体勢を30秒から1分間キープします。その後ゆっくりと腰を上げて元の位置に戻しますが、この一連の動作を1セットにつき10回行うことを目標にしてみましょう。壁にもたれたまま行うので腰や膝への負担が少なく、テレビを見ながら気軽に行うことも出来ます。

自転車こぎで寝ながら筋トレが出来ます

スクワットの他に太ももを鍛える筋トレ方法としては、寝たまま自転車をこぐという方法もあります。仰向けに寝転がり、足を上げて膝が直角になるように曲げます。そのままの足の形で、自転車をこぐように足を片方ずつぐるぐる回しましょう。

寝転がったまま行うことが出来るので、就寝前に行うようにすると毎日規則的に筋トレを行うことが出来ます。初心者向けのスクワットでもきつく感じてしまうという女性には、自転車こぎは特におすすめです。片足でそれぞれ10回ずつ行うことが理想的ですが、まずは5回から始めてみるなど、最初は筋トレに慣れることを目標として無理しすぎないことを心掛けましょう。

太もも痩せを願うあまり、最初からハードな筋トレに挑戦してしまうと挫折する可能性が非常に高くなってしまうので注意が必要です。

寝転んだまま行うことが出来るストレッチ

ストレッチも寝転んだまま行うことが出来るものであれば、始めやすいと感じる女性は多いのではないでしょうか。そのような女性に向いているのが、寝転んだまま片足を上げて行うストレッチです。仰向けに寝転んだ状態で、足をまっすぐに伸ばします。

伸ばした足を床から5cmから10cmほど上げて、そのままの体勢を15秒間キープします。この時足を高く上げすぎるとストレッチ効果があまり無くなってしまいますので、上げすぎないように意識しましょう。

最初は足がプルプル震えてしまい、きついと感じてしまうかもしれませんが、毎日行っていると簡単に行うことが出来るようになります。

片方の足で5回ずつ行うことを目標に、この方法も毎日就寝前に行うようにすると簡単に習慣づけることが出来るでしょう。

誰でも出来る初心者に最適なストレッチ

寝転んだまま行うことが出来るストレッチは他にもあり、うつ伏せに寝たまま行うストレッチも初心者でも始めやすいと言えます。うつ伏せに寝転び、かかとでお尻を叩くような動きを繰り返すだけでも効果的なストレッチになります。

この方法であれば運動不足の女性でも簡単に始めることが出来るだけではなく、他の方法と比較するときつさも感じにくいので、一番最初に始めるストレッチとしては最適です。最初は1セット30回から始めて、慣れてきたらどんどん回数を増やして最終的に100回を目標としましょう。

この方法も就寝前に行っても良いですし、テレビやスマートフォンを見ながらなど、隙間時間に気軽に行うことも出来ます。1日に何セットも行うことが出来ればそれだけ効果も出てきますので、隙間時間があれば仰向けになってストレッチを行うという意識を持つことが大切です。

関連リンク…リフィート … 脚やせ専門エステ ... http://refeat.jp/